複製する方法

パソコンとディスク 正面

市販のCDやDVDを複製するためには、それが可能な読み込みや書き出しのドライブが必要です。
最近のパソコンなんかはそうではないのですが、一昔前のパソコンにはCDとDVDの読み込みや書き込みがやれるドライブが標準装備されていました。
それから、書き込みや読み込みをやる上で、専門のソフトウェアをインストールしなければならない場合があります。
主にインターネット上にそういうソフトウェアは存在していて、手持ちのパソコンにインストールして、ファイルを解凍して使うことが多いです。
あるいは、あらかじめパソコンの中に書き込みや読み込みのツールがインストールされている場合もあります。
その場合はそのツールのアイコンを起動させて、ドライブと連携させて書き込んだり読み込んだりします。

専門業者

しかし、個人のパソコンでCDやDVDを複製するには、枚数の限界があります。
そこで、プロのプレス業者に任せるという手段があります。
プロのプレス業者の場合は、データの入った媒体を、短時間で専門の機械を使ってほぼ同時に数百枚単位でプレスをオートメーションで行うことが可能です。
しかもCDやDVDを複製する際に起こりがちなデータの劣化をほとんど起こすことがないのです。
もともとこの技術は、日本がとても優れていたのですが、最近は台湾の業者なども参入していて、日本でやるよりも安い価格でプレスを行っています。
ただし輸送に時間がかかるので、納期は日本の業者の方が早くなる傾向があります。
データの劣化のリスクを減らし、媒体を大量に複製するには、プロに任せた方がいい場合があります。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031